ジャニーズ・グッズを売るにはいろいろな方法がありますが、買い手と直接コミュニケーションが楽しめるフリーマーケットもおすすめです。ただし、専門店に売るのに比べて値段は相当安くなるので、お金の欲しい人にはあまり向きません。

今回は、フリーマーケットへの出店の仕方や、お客さんとのコミュニケーションの取り方などについて説明します。

会場選び

フリーマーケットに参加するには、まず、商品を持って移動できる範囲内での催し会場を探す必要があります。各自治体のお知らせを見たりネットで検索したりして調べましょう。

多くの場合、出店料が必要となり、相場は200~3,000円ぐらいです。

会場の目星をつけたら、出店を決める前に客として参加してみましょう。全体の雰囲気やジャニーズ・グッズの値段などをチェックし、自分が店を出すときの参考にすると良いです。

商品の準備

お店に並べる商品を選んだら、できるだけきれいに汚れを落としましょう。洋服やタオルは洗濯し、CDやDVDのケースに傷や汚れが付いていればできる範囲で新しいケースに取り替えます。また、取り扱い説明書や歌詞カード、封入特典などは商品とセットにしておいてください。

当日はなにかと慌ただしいので、商品のひとつひとつに値札を貼っておくと便利です。フリーマーケットでは値切られるのが当たり前なので、少し高めにしておくとちょうど良いでしょう。また、残り時間が少なくなると値引いた価格を書き込む必要が出てくるので、余白を残しておいてください。

フリーマーケット当日

当日はスタート直後からお客さんで賑わうので、早めに現地入りして準備を始めましょう。地面にビニールシートを敷き、洋服類はハンガーにかけて見やすくします。CDやDVD、雑誌は斜めに立てかけて表がよく見えるようにすると効果的にアピールすることができます。

お客さんが商品を見にきたら、にこやかに挨拶をして、無理にすすめず見守りましょう。商品について質問をされたら答えるぐらいでちょうど良いです。たくさん買ってくれたら缶バッジなどの小物をおまけに付けると喜ばれます。

会場では、お客さん同士で「あそこのお店良かったよ」と噂が広がっていくので、できるだけ感じ良くすると得です。

朝から出店する場合は途中で食事をする必要があるので、店番を確保するために複数で参加すると安心です。また、食事に出たついでにいろいろなお店を回り、買い物をしながら自分の店のアピールをすると、自分のところにも遊びに来てもらえることがあります。

フリーマーケットは、とことん楽しんだもの勝ちです。値段にこだわらず、本当に必要としてくれる人に譲りたい人にはぴったりなので、ぜひ一度参加してみてください。同じタレントを応援している人との出会いも期待できます。

担降りしたグッズを手軽&安全に売るなら、宅配買取業者へ