コンビニでペイジーを利用しファンクラブ代金を支払う方法をご紹介します。

ペイジーとは

ペイジーとは、会員登録なしで利用できる電子決済システムのことを指します。

ペイジーの「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」を入力することによって、コンビニやネット銀行対応のATM、あるいはスマートフォンやパソコンで決済が行えるものです。

各種請求書や公共料金、ファンクラブ会員料など請求する側が番号の発行さえすれば利用者は煩雑な手続きを経ずして、銀行に行って振込の手続きをする必要もなく、今や日本の至る所にあるコンビニエンスストアで各種支払いを行うことが出来ます。

夜間や休日であっても楽天銀行などインターネットバンキング対応の口座を持っていれば、手持ちのスマートフォンやパソコンでの即時的な決済を行うことが出来ます。支払いを忘れていた請求を思い出したところで支払うことが出来たり、夜間の銀行が閉まっている時間帯しか支払いに行く時間が取れない方であっても簡単に支払いができます。

また、時間による支払い手数料の増減はなく、公共料金であれば通常は支払い手数料はゼロです。支払う民間企業によっては手数料のかかる場合がありますので、規約を読んでおくことをお勧めします。利用するATMによっては夜間・休日手数料がかかる場合があるのと、支払える額に上限があるため大きすぎる額の買い物には不向きである点は自覚しなくてはなりません。

コンビニでペイジーを利用する場合

現状、ペイジーはローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマート、デイリーヤマザキでの支払いに対応しています。

それぞれLoppiやFamiポートなど、独自の支払いシステムを利用していますが、先に紹介した3つの番号さえ揃っていれば支払いは可能です。吐き出されるレシートをもってレジへ向かい、そこで支払いを済ませることが出来ます。デイリーヤマザキに限っては直接レジに赴く必要があり、店頭の端末を利用しないという点が特殊でしょうか。

セブンイレブンだけは少々事情が異なります。

セブンイレブンでの支払いを希望する場合、先の番号は無効であるため「セブンイレブンでの支払い用13桁ナンバー」を用意しなければならないのです。この番号もやはり請求書などの書類上に記載されており、自ら請求する必要がありません。しかし、他のコンビニエンスストアとは勝手が違うためにどちらで使える番号であるか混同しないことがスムーズに会計を済ませる上で必要な気配りでしょう。セブンイレブンもデイリーヤマザキ同様に店頭のレジにて料金の支払いの意思を伝え、タッチパネルに番号を入力する形で支払いを行います。

手軽に使えるのがペイジーのいいところ

ジャニーズのファンクラブは2018年より従来の郵便局振込用紙によるファンクラブ会費の集金を止め、現在はペイジーによる支払いのみを受け付けています。インターネット上で登録受付を行うとすぐにメールアドレスへと入金番号が送られてくる、という仕組みを採用しており、支払い方法によっては一歩も家を出ないで事が済んでしまう可能性すらあります。

多くは1割程度の手数料を加味して支払いを行いますが、従来の方法よりも入金に対するレスポンスが早く、ファンクラブ会員になるまでや更新されるまでやきもき待つ必要が無くなるのは何よりメリットと言えるでしょう。

ファンクラブ会員になればライブのチケットなどが先行販売されるようになるなどの恩恵があります。そういったチケットなどの料金支払いまで含めて包括的にペイジーを利用していくことも賢い選択である、と言うことが出来ます。

インターネットバンキングは初めて、という方でも手軽に始められるのがペイジーのいいところです。これを入り口に広い用途に便利に利用していけると手間がぐっと抑えられるでしょう。