インターネットで「ジャニーズ」と検索すると、実に多くの情報が引っかかります。そして、その中には「ジャニーズグッズ売買掲示板」というものが存在し、ファン同士で気軽に情報交換ができるようになっています。しかし、誰でも簡単に使える分、犯罪に巻き込まれるケースも多いので利用には注意が必要です。

直接会うのは危険

掲示板の中には、ジャニーズ・グッズの売買専用のものもありますが、言葉巧みに相手の住んでいるところを聞き出し「直接渡したいから会いませんか?」と持ちかけてくる人がいるので要注意です。

相手が本当にジャニーズファンの女の子で、純粋に商品を渡したいだけなら問題はありませんが、もしそれが実は男性で、何かよからぬことを考えているとしたら大変です。性犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高いので、会うことを決める前に相手の素性を入念にリサーチするようにしましょう。

もし会うことになった場合でも、待ち合わせ場所はできるだけ人通りの多い場所を選び、相手に誘われるままついていかないことが大切です。また、待ち合わせに現れたのが女の子でも、頭から信用してしまうのは危険。実際に、女の子をおとりに使って男性の待つ部屋に連れてこさせる事件が発生しているので、グッズの受け渡しが終わってもなんだかんだと言い訳をして連れ回そうとする場合はすぐに別れたほうが無難です。

掲示板に個人情報を載せない

同じ目的を持つ人たちが集まる場所であるという油断から、ネット上に自分の顔写真や連絡先などを載せてしまう人がいます。いくらでも自分を偽ることのできるネットの世界では、いつ誰がその情報を目にするか分かりません。性犯罪目的で接触してきたり、悪意を持ってその情報を拡散したりする人もいるので、安易に個人情報を公開するのは絶対にやめましょう。

タレントのメールアドレスは絶対に入手できない

少しでもお目当てのタレントとお近づきになりたいと思うファン心理につけこんで「ジャニのメアドを知りたい人は、この文章を五ヶ所にコピペしてください」などと書き込む人がいますが、こんなことをしても絶対にメールアドレスを知ることなどできないので無視しましょう。

もし、この言葉通りにあちこちにコピペを繰り返した場合「荒らし」として通報される場合があります。悪質であるとみなされた場合は、二度とその掲示板に出入りできなくなることもあるので注意しましょう。

芸能人の名を騙って女の子を呼び出して乱暴したり、巧みに個人情報を聞き出そうとしたりする事件が後を絶ちません。このようなけなげなファン心理を利用した行為は到底許せるものではありませんが、だまされないように自衛する努力も必要です。素性を知らない相手を安易に信用せず、疑いすぎるぐらいでちょうど良いでしょう。「疑ったら失礼」なんて思う必要はありません。